« 041128備前楯山 | トップページ | 050522秩父御岳山 »

050429魚野川水系

結果良ければ全て良し!初日ボウズで翌日爆釣!
年券買って2回目の魚野川釣行、年券の元をとるにはあと何回?

渋木渓流釣釣り教室は2回目を4/29-30にて開催。
28日会社から帰宅と同時に出発の予定が、岳の算数プリントをチェックして遅れてしまう。
23時に出発をして関越道を石打湯沢で降り、登川の滝谷橋に2時30分に到着。早速車で仮眠をとるが、5時には渋木さんにたたき起こされる。寄居から来たという2人連れと同時にスタート、渋木さんが2人連れと話し合って相手さんが右岸、わたしらが左岸をつり上がることに。

その後、昭チャンと小林さんがミニキャブに乗り一般道4時間で登場!なんと初お目見えのミニキャブはステップワゴンより背が高い。

しかし、雪代が洪水の如くながれる登川にお魚さんの休むところはなく、三国川へ移動。

三国川では昭チャンはイワナの大物をゲット!渋木さんもぼちぼち。私と小林さんはボウズのまま。(プレッシャーによる悪循環を断ち切れず)前線が通り気温がガクンと下がり、雨が降り出す。水無川へさらに移動。

05-04-29-12_14_19 12:14 既に、水無川周辺は急に降った冷たい雨に地熱で水蒸気が上がり幻想的な雰囲気!!

05-04-29-13_34_31

13:34 大岩と岸のはスノーブリッジでかろうじてつながれているが、ちょっと怖い。冷たい雨に指もかじかみ、メガネもぬれて何処をながしているか分からないほど悪条件となり今日は退散。六日町のJUSCOでラーメン食べて、ビクトリアタワーに戻る。

05-04-29-18_21_37

18:21 自分が釣った25cmはある大イワナを塩焼きにする昭チャン。

05-04-29-18_21_20

18:21 ボウズの私もおこぼれにあずかりました。小さくても、ヤマメとイワナのミックスセットです。

05-04-29-18_21_50 18:21 小林さんは昭チャンの持ってきた電動バリカンで3分刈りに。この後、8時前には私は寝てしまいました。

05-04-29-18_22_04 18:23 まだ明るいビクトリアタワーからの景色。日も伸びた。雪も減った。

05-04-30-05_19_14 05:19 早朝の2台。今日はリベンジとなるか?

05-04-30-05_19_27

05:19 お世話になりますビクトリアタワー。

05-04-30-05_54_05 05:54 偵察中に残雪にスタックするミニキャブ。四駆でもタイヤがノーマルだとだめね。ステップワゴンで引っ張り出しました。

05-04-30-07_28_30 07:27 いつもの魚野川本流堰堤下のミニ堰堤でイワナをゲット!ボウズを回避!ゼロと1ではこれほど意味合いが違うものなのかを実感。

05-04-30-07_57_31

07:53 さらに同じ場所からミニヤマメもゲット!針も浅く即リリース。

05-04-30-07_57_46 07:57 ミニ堰堤からの景色。

05-04-30-08_53_39 08:53 もう上がるよ~と渋木さん。粘る昭チャン。

05-04-30-10_32_12

10:32 清津川へ移動して、清津川発電所周りで中州に渡って瀬尻を攻める。塩焼きサイズのヤマメを淵の底よりゲット。

05-04-30-12_54_01 12:54 やはり、同じ淵の底より20cm超のヤマメをゲット。これはでかい!太い。さっきのヤマメが小さく見える。

05-04-30-13_32_44 13:32 講師の渋木先生。上空をみつまたのゴンドラが行ったり来たり。春スキーで駐車場は満杯だった。

05-04-30-20_59_18 20:59 釣果一覧。一番上がイワナでそれ以外はヤマメ。

05-04-30-21_15_12 21:15 一番大きなヤマメんのストマックより出てきたトビゲラ?の幼虫みたいなムシ。これ食ってるのならブドウ虫も食うね。

2005 04 30 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3169/3925084

この記事へのトラックバック一覧です: 050429魚野川水系:

コメント

コメントを書く