« 050429魚野川水系 | トップページ | 050604魚野川水系 »

050522秩父御岳山

環も登る秩父御岳山
下山地点が日帰り温泉!!

環ちゃんの山行デビューは秩父御岳山。日頃鍛えたその足でグイグイ登るのはビックリ。でも林道工事で山道が荒れていて思わぬ難行に。

2万5千分の1地図「三峰北東」

050522_001 09:32 道の駅「大滝温泉」からスタート。さあ、環も登るぞ!

050522_004 09:42 登山道入り口「使用前」の写真

050522_005 09:41 岳!120分って何時間だ?? えぇっと、1時間....??分...。健康だけが取り柄です。

050522_006 09:57 沢筋にもきれいな花が。

050522_008 10:28 渡渉も度々、丸太橋も朽ちていて環の受け渡し。

050522_010 10:39 レジャーシートを敷いて1本取る環。疲れたかな?

050522_012 10:42 途中で。

050522_014 11:04 花!(誰か名前を調べて!)

050522_016 11:46 なんと上には林道が。これからどうする?

050522_017 11:46 背後霊も出現。

050522_018 11:49 環も遅ればせながら登場。ズリズリの山道をここまで来ました。

050522_020 11:49 お母さんもお疲れ。

050522_027 12:58 とりあえずみんなで昼食。山道の荒れがひどく、環親子はこれで下山。

050522_02412:58 カフェオレを飲む曽根夫妻。

050522_028 13:31 昼食で一緒に下山するかと安心して腹一杯食べたため、
    あと20分の山頂を目指すと言われたときには一抹の
    不安が...。予想通り頂上直下の急登では心臓がバクバク
    に。「顔面蒼白」あと一歩のところまで来ました。
    カップヌードルとカフェオレが余計でした。

050522_031 13:42 登頂。山頂も樹木があり、景色は部分的。さすがに岳
    もばてたね。

050522_032 13:43 ちゃんとした道標がないから、これに顔をくっつけろ!

050522_034 13:47 やっぱり私はばてている。

050522_033 13:47 カメラマン交代

050522_036 13:47 う~ん。これは年賀状用だね。景色が欲しい!

050522_039 14:02 下山中。向こうに三峰口の町並みが。

050522_040 14:09 きれいな緑。気持ちいい広葉樹林。

050522_045 14:12 快適な尾根線を下る。尾根筋を挟んで右は杉林、左は
    広葉樹林。手入れのされていない杉林は鬱蒼としている
    が左の広葉樹林は明るくてとても「たおやか」。

050522_044 14:12 杉林(植林)はこんな感じ。

050522_043 14:12 広葉樹林(自然の雑木林)はこんな感じ。同じ場所でも
    これだけ風景が違う。落ち葉もいい感じ。これが天然の
    ダムになるのね。

050522_046 14:14 これは山ツツジ?

050522_047 14:24 気持ちいい稜線

050522_051 15:49 下山。「使用後」の写真。林道、山道を出入りしながらの下山でわりとヘロヘロに。林道では雨も降り出し汗と雨でぐちゃぐちゃに。

だけど、すぐそこには日帰り温泉「遊湯館」が待っている!!「閉館まで寝るぞ~」と、風呂→生中ジョッキ→爆睡→目覚めの風呂→帰路につきました。

※「遊湯館」は洗い場のお湯もなんと温泉!シャワーでうがいをしたらまさにホウ酸液「オッエ~」。大滝温泉(遊湯館)は、ナトリウム・塩素・炭酸水素・メタホウ酸の各イオン成分の合計含有量は、1㎏中に5,347㎎あり日本でも1、2位を誇る高濃度の名湯です。
     

    

2005 05 23 | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3169/4254525

この記事へのトラックバック一覧です: 050522秩父御岳山:

コメント

コメントを書く